八巻 梓

仙台市出身。桐朋女子高等学校、桐朋学園大学音楽学部を経て渡仏。パリ地方音楽院最高過程卒業、国家上級音楽研究資格を取得後渡蘭。ペーター・デ・グロート音楽祭での演奏により、プリンス・クラウス音楽院へオランダ文部省からの奨学金付きで招かれ、ピアノ、フォルテピアノ、ハープシコードを学ぶ。音楽修士号を取得し、2020年夏帰国。
第59回全日本学生音楽コンクール中学生の部東京大会入賞の他、イスキア国際コンクール等多数の国際コンクールにて入賞。在蘭中、グラハテンフェスティバル音楽院コンクール・ファイナリストの副賞として、グラハテンフェスティバルに出演。同年、ペーター・デ・グロート音楽祭にて、ガスニー・タレント賞を受賞。仙台、オランダでのリサイタルの他、ルーマニア国立アラド、オラデア、シビウ、ディヌ・リパッティ、トゥルグ・ムレシュ各交響楽団と多数共演。日本演奏連盟主催のオーディション、新進演奏家育成プロジェクト~オーケストラ・シリーズ~に合格、第56回仙台公演にて仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。

ピアノを松本映子、富永睦子、竹内啓子、本村久子、御木本澄子、ジャン=マリー・コテ、ポール・コーメンの各氏に、ハープシコードをヨハン・ホフマン氏に、フォルテピアノをポール・コーメン氏に師事。

ウェブサイト:https://azusayamaki.tumblr.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/azusapiano/
フェイスブック:https://www.facebook.com/azusapiano